So-net無料ブログ作成
検索選択

「mugen no sikou」冒頭に文章を追加 [雑記]

以下を書いた時には知らなかったのですが
すでに多くの人たちが似たようなことをやっていたようです( ; ̄ω ̄)ゞイテテ・・・
知らないということは痛いことですヾ(^▽^*おわはははっ!!
ここに大変詳しい解説があります
http://www.unfindable.net/~yabuki/blog/2005/07/post_158.html

平野啓一郎さんのバベルのコンピューターもそのうち読んでみようと思います

2009年6月25日 ふくまる

つーかこの話を書いてから数ヶ月スランプに…
------------------------------------------------------------

ある意味コンピュータに創造性をもたせる実験
まずはテストとして50進数を使うとする
10進数は1から10
16進数は1からF
50進数はあいうえおの50音を当てはめるので「あ」から「ん」

で、その「あ」から「ん」の50進数をあとはひたすら数えていく
例えば10進数ならば
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10 となり
数が進むにしたがって344や1234678などが出てくる
それを「あ」~「ん」の50進数でおこなうと
あ・い・う・え・お・科・木・く・け・こ・さ・し・す・せ
と続いて行き最後の「ん」になると桁が一つ上がる
すなわち
ああ・あい・あう・あえ・あお・あか・あき・あく・あけ・あこ・あさ~
と続いて最後は「んん」で桁が一つあがる
すなわち
あああ・ああい・ああう である
これを400桁数えるとひらがなで書かれた原稿用紙一枚のすべての組み合わせが手に入る事になる
そのほとんどは駄文であるが
過去から現在、そして未来、また書かれる事もない文章のすべてが手に入る
50文字のうち一文字がはいるマスが400マスなので50×50を400回
で50×50を400回やってみたらこんな数字になった
>3.8725919148493182728180306332864e+679 (⌒▽⌒;) オッドロキー
これを400で割ると原稿用紙の枚数がでると思うけど、なんかもう関係なくないかとも思うわけです

4000桁で原稿用紙10枚
40000桁で原稿用紙100枚
400000桁で原稿用紙1000枚
これらの原稿用紙にひらがなで書かれる組み合わせのすべてが手に入る事になる

数字や句読点、英語に漢字などを加えていくとおそらく1000進数は軽く超えると思われるがそれを数えて記録

していくことは可能である と思うふ

このほとんど意味をなさない言葉の羅列にすぎないこのスープから意味のある言葉を取り出す事にする
これには検索を使う、いま使っているメモ帳の編集からいける検索と意味は同じである
400桁=原稿用紙1枚分のすべてから検索を使って欲しい言葉を掘り出すことが可能である
試しに「あしたははれるといいな」と入れるとそれが書かれたすべての400文字が出てくる
「あしたははれるといいなああああああああああ(以下すべて「あ」)」から
「あしたははれるといいなあしたははれるといいな(以下繰り返し)」から
「あしたははれるといいなでもあめでもいいかくもりだってべつにかまわないけどさ」
等などが検索で選ばれる
OR検索や AND検索 NOT検索も使えば検索も絞り込んでいけるといえる

そして下読みさんが登場する結局最後は人力である点は否めない
下読みさんの前に分厚い原稿用紙の束がどかっと置かれ
下読みさんはこの中から意味の通じる原稿用紙を探す作業を始める
下読みさん頑張れ

創造性の事務化とはこんな感じかもしれない (^-^;




参考文献「バベルの図書館」ボルヘス様


補足
4000桁や40000桁を数えることはしないで
原稿用紙一枚分の400桁を一つのブロックとして組み合わせていけば
すべてが入る と思う
その中にはひらがなではあるけど夏目漱石の文章もあるし村上春樹の文章もある
23世紀に提出される特許の文章もその中にあるし、紫式部の没原稿もある
問題は見つけられるかどうかである

※紫式部の没原稿のついては本人が平安時代の人なので非常に確認が困難なのはいうまでもない(笑

補足2
その大量のテキスト文を持ち歩く必要はなくて20万枚目を見たいと思ったら
20万ページ目などと入力するとそのページの内容を計算して表示する んだと思ふ

補足3
英数字ならばa-zと0123456789で合計36文字なのでかなり楽かもしれない
36×36を400回やると>3.3189469210173887280385779041429e+622 文字

補足4
原稿用紙一枚じゃなくて半分でもいいんじゃないかと思ふ

そして補足5 PCが作るPCソフトウエア
これを作るのはパソコンなのでパソコンが理解できる言葉である
プログラミング言語(あまり知らないけどC言語トカ)でこれをやるとすると
実際にPC上で動かないプログラムとうごくプログラムという形で使えないものと使えるものを選別できると思われる鴨
関係ないけど私はプログラマーという人々がとてもとても苦手なのである


蛇足
そういえば昔、夢幻視行というSF同人誌に入ってたことがある
将来自伝を書くなら 「あの時おれは厨だった。」という章にその当時のことは収められると思ふ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。